性病の可能性が高いおりものの異常は抗生物質で治療

おりものの状態がいつもと違うと感じるとき、性病の感染が疑われる可能性があります。
トリコモナス・クラミジア・淋病など、おりものに異常が出る症状の性病が複数存在するからです。
おりものの量・色・臭いに異常があらわれることが特徴です。

多くの方が罹患しやすいカンジダは性行為をしなくても、免疫の低下や衛生状況が悪いなどの原因からもなる可能性がある膣の病気です。白いカッテージチーズに例えられるポロポロとしたかたまりのようなおりものが特徴です。痒みが同時に起こることも多いので、断続的に痒さが続くときは疑われる病気です。
細菌性膣炎も性行為ではなく免疫の低下が原因で体内の菌のバランスが崩れて起こる病気であり、おりもの色に異常があらわれ、強い臭いが特徴的な症状です。

おりものに異常を感じた場合はすぐに医療機関で診察をする必要があります。
臭いや色で異常があることを知ることができても、素人ではどの病気に罹っているのか判断することは不可能です。
市販の痒み止めなどで症状を紛らわせているうちに深刻化するケースもあるので注意しましょう。
また気をつけたい点は、おりものの異常が消えていく場合もあるのですが、いくつかの性病は特に症状がなく進んでしまう種類の病気も存在しており、一時的なバランスの崩れから目に見える形でおりものに特別な症状が出現した可能性もあるのです。ただ、性病は放置して治るものではなく原因である物質を排除しなければ病気が進んでしまうことを忘れないようにしてください。

多くの性病・膣の病気は抗生物質によっての治療が一般的です。
膣に入れる錠剤である膣剤を使用することもあります。いずれの場合も、医療機関の指示通りに使用しましょう。