性病は唾液感染しないのでおすすめ予防法はコンドーム

性病とはその漢字が表す通り、セックスに関連する病気です。
この場合のセックスとは、いわゆる性交のみを指し示すものではなく、性的な行為全般を指します。
具体的にはフェラチオとも呼ばれるオーラルセックス、肛門にペニスを挿入して楽しむアナルセックス等も含みます。
性器、肛門、口腔といった場所は皮膚とは違い、抵抗力が弱いです。
そのため、免疫力が弱っている男女がそういった行為を進めると、性行為が引き金となって性病へと至ります。

またアナルセックスやオーラルセックス等は男性同士でも発生しますので、性病イコール異性間の性交でのみ発生するリスクとは言い切れません。
エイズや性器ヘルペス、梅毒、淋病、クラミジア感染症等が性病として有名であり、知名度が高い通り、感染者が世界的に多いです。

性病は一般的な暮らしを続けている限り、特に感染する恐れはありません。
衛生面の是非とは抜きにして、ペットボトルやマグカップの回し飲みによって性病感染が起きる事はなく、
たとえ感染者の唾液が付着していても、いわゆる無視して良い程のリスクですので、気に留める必要はないでしょう。
公衆浴場やシャワールームでも感染する事はなく、こちらも仮に感染者の唾液などが浴槽の床や壁や設備に付いていたも、リスクとして考える必要はありません。

性病感染を回避するためには性行為をしない事が最高の対策です。
しかし、それでは本末転倒ですので、おすすめの現実的な対策としては、コンドームの装着になります。
不特定多数の方とセックスをする際は、特にコンドームの利用が推奨されています。
粘膜同士が直に密着しなくなりますので、コンドームさえ真面目に利用していてはほぼ性病感染は予防でき、
同時に避妊も達成出来ますので、若いカップルにとっては一石二鳥です。