水ぶくれからウイルスが検出される性病とは

性病というのは、性行為によって相手から感染してしまう病気のことですので、実際には原因となっているウイルスや細菌、真菌の違いによって、さまざまな種類にわけられますし、男性と女性とでは、その症状のあらわれかたに若干の違いがあるという場合もあります。
こうした性病のなかでも、感染した部位、一般には性器やそのまわりの皮膚などに、小さな水ぶくれができ、場合によって痛みがあったりするという症状であれば、性器ヘルペス感染症という病気をうたがってみるのがよいといえます。
この病気は、単純ヘルペスウイルスとよばれる病原体が感染することによって発症するもので、この小さな水ぶくれのことをヘルペスといいますが、病院で水ぶくれに溜まったうみのようなものを採取してみると、単純ヘルペスウイルスが検出されるはずです。
ヘルペスウイルスは、実は性行為以外であっても感染することがあり、性行為とは無関係な子供がかかりやすい口唇ヘルペスなどはその事例のひとつであるといえます。
いずれにしても、そのまま水ぶくれを放置すると、つぶれてしまって潰瘍になってしまい、ますます痛みがひどくなりますので、はやめに病院にかかることが不可欠といえます。
このような性病にかかった場合には、抗ヘルペスウイルス薬の処方を受けることができれば、しだいに症状はおさまります。
ただし、ヘルペスウイルスはいったん症状が消えたとしても体内にまだ潜伏していて、ストレスなどで体力が低下したときに再発してしまう可能性もぬぐえないものです。
あまりにも再発を繰り返すようであれば、抗ヘルペスウイルス薬を予防目的で少量ずつを服用するという手段もありますので、医師に相談したほうがよいといえます。