アーカイブ | 8月 2016

  • 性病と成人と消毒について

    成人がなる性病には、いろいろな種類のものがあります。 歴史的にも有名であり、中国の遊郭や、日本の吉原などの遊郭で、流行してしまった性病としては、梅毒などがありますが、これらは性交渉を行った結果、梅毒のばい菌を持っていた人と性交渉を行い、その結果病気が感染してしまうという恐ろしい病気であり、昔には、死に至るケースも多々あった病とされています。 一方で、同じように性交渉を行い、その性交渉を行ったパートナーが、カンジダ菌を持っていた場合には、その性交渉を行った相手も、同じようにカンジダになってしまうことがあるものですが、このカンジダについては、性交渉がけが原因ではなく、風邪などやストレス、睡眠不足や精神的疲労や肉体的疲労、このようなことなどで、体力が急激に落ちてしまった時などにも、カンジダの症状というものは出るようになっています。 そのため、性交渉をしたことがない、中学生や高校生でも、この性病にはかかることがあり、成人だけでなく、子どももかかる病気とされています。 また、上記以外にも、抗生物質などを点滴で打たれた場合など、抗生物質の治療でカンジダ症になることもあるとされています。 カンジダになった場合には、女性であれば、膣内をしっかりと消毒を行い、そこに抗真菌薬を投入することで、カンジダを治していきます。 カンジダになった際には、陰部に強い炎症が出ることがあり、それと同時に、チーズのようなにおいのおりものが増加したり、チーズのような嫌な臭いや、とても強く辛いかゆみなどが出る場合があります。 かゆみについては、座っているだけでも苦痛であり、このような事態になった場合には、早急に、上記のような消毒を行ってもらい、薬を投与してもらうことで、改善をすることが可能です。